「顔彩で描く絵手紙シリーズ】葉牡丹の描き方:いろんな描き方をご紹介します

こんにちは。
墨彩画家でセラピストの桂颯(けいそう)です。

今回は、「顔彩で描く絵手紙シリーズ」として
葉牡丹の描き方をお届けします。

紫色から赤紫色に変化する葉っぱのグラデーションを
いかに表現するか、試行錯誤しました。

最終的に、スプレーで水をかけて
画面を湿らせた後、筆を円状に動かして
グラデーションを作るという方法を取りました。

まずは、描き方動画をご覧くださいませ。

その後に、描き方や色の使い方で
葉牡丹の表情が変わるようすを
写真でお届けいたします。

描き方動画

この動画が役にたったと思われたら、
ぜひ、ご登録をお願いします。

プロフィールのところにあるYoutubeボタンをクリックすると、
Youtubeに飛ぶことができます。
そこで、登録や高評価ボタンを押していただけると幸いです。

Youtubeの「さわやか墨彩画教室」では、
他にも、さまざまな描き方動画を
アップしていますので、お気軽にご覧いただけます。

そして、Youtube動画の詳しい解説は、
こちらのブログで行なっています。

つまり、両方をご覧になると、
しっかりご理解いただけると思いますので、
よろしくお願いいたします。

葉牡丹の写真

今回、モデルになってもらった葉牡丹です。

①水で湿らさないで、描いた場合

描き方

  1. 画面を濡らさずに、薄い赤紫色に調整した顔彩で
    葉っぱ全体の下塗り
  2. 中央部分の葉っぱは、紫で二度塗りをして、水筆でぼかす。
  3. 葉っぱの外側から胡粉を塗って、
    内側に向けて水筆でぼかす

このやり方だと、画面全体の色が濁って、
くすんでしまう。

② ①と同じやり方で、葉っぱの色を薄くしてみた

やはり、中央の紫色の部分は、くすんで見える。

③ 画面を水筆で濡らして、筆を回して塗る方法

  1. 下絵を描いた後、水筆で画面全体を湿らせる
  2. 下のように、筆に薄い紫を含ませた後、
    筆の先端に濃い紫をつける。
  3. 筆を寝かせ気味にして、
    葉牡丹の中心から円を描くように、
    色を入れる。 

今度は、紫の葉っぱの部分の透明度が上がった気がする。
(実際の色は、画像より、もう少し濃いめです)

しかし、残念ながら、動画を撮り忘れたので、
やり直しです。

④ 下絵をマジックで描いてみる

油性マジックで下絵を描いてみましたが、
線が一様で、おもしろくありません。

⑤ スプレーを使って画面を湿らせて、筆を円状に動かす方法

こちらの画像は、Youtubeにアップしたものです。

⑥ 雪を降らせてみました

雪を降らせる方法は、
写真のような網に、胡粉をのせ
上から、息を吹きかけます。

すると、胡粉が画面上で点状に広がります。

筆を使って、胡粉を葉牡丹上に塗ると、
雪のように見えます。

まとめ

今回は、「顔彩で描く絵手紙シリーズ」で
葉牡丹の描き方をご紹介しました。

また、描き方によって、絵の表情が変わってくることも
合わせて、お届けいたしました。

いかがだったでしょうか?

今回は、ここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。